仮想通貨って何?何に使えるの?儲かるの?一発でわかる超簡単な始め方!

テレビで最近、ビットコインという言葉をよく効きますが、みなさんはご存知ですか?

ビットコインとは、仮想通貨の一つで、インターネット上でやり取りされる電子通貨です。

通貨というぐらいですから、買い物に使えたりするのでしょうか?

今回は、そんな仮想通貨について、わかりやすくご紹介します。

スポンサードリンク

【そもそも・・・仮想通貨とは?】

仮想通貨という言葉を耳にするようになったのは、2009年ごろからとされています。

ちょうどその頃、仮想通貨の代名詞でもあるビットコインも誕生しました。

仮想通貨とは、インターネット上でやりとりされる電子通貨のことです。

インターネット上のデータなので、貨幣やお札のような実体はありません。

それでは、法定通貨の円やドルと違う点は何なのでしょうか?

法定通貨とは国や中央銀行により発行され保証されてる通貨です。

そのため決済機能の他にも、税金の納付や給与の支払いなどにも使われます。

一方で仮想通貨は、特定の発行者がいるわけでもなく、誰かが信用を保証するわけでもありません。

仮想通貨を扱う当事者同士の信用で成り立っているのです。

仮想通貨は実体のない電子データなので、コピーや偽造が簡単にできてしまうのではと思われますが、ブロックチェーンという技術で守られています。

ブロックチェーンを簡単に説明すると、仮想通貨の取引きは一回ごとに台帳管理され、それは世界中で管理・公開されているのです。

これまでのお金のやり取りというと当事者間だけのものでしたが、その記録を公開しみんなで管理することで、コピーや偽造を防止するという発想なのです。

【仮想通貨の目指すものは?】

仮想通貨のメリットとは 、国が介在しないので世界中ボーダレスに使えることです。

そのため国際取引の際には、法定通貨のように貨幣同士を両替をする必要がありませんし、送金にも時間がかかることはありません。

両替の必要がなければ、手数料はかかりませんし、送金もスピーディーに行われれば、手間も省け手数料も割安になるのです。

仮想通貨は、まだまだ普及しているとはいえません。

しかし、今後世界のボーダーレス化がより進むと、仮想通貨の流通機能の高さが認められ、世界の主要通貨になるのではと言われています。

【注目される仮想通貨投資】

最近では、仮想通貨の本来の機能とは違う別の側面がクローズアップされています。

仮想通貨が、株式や不動産などに変わる投資対象として注目されているのです。

ビットコインを例に説明をすると、仮想通貨は仮想通貨取引所を介して、円やドルとビットコインの間で交換することができます。

為替と同じように、その時々の価値によって、1BTC(ビットコインの単位)を交換できる金額は変わってくるのです。

その価格変動の利ザヤを求めて、投資対象と考える人が増えています。

ビットコインは生まれたばかりの仮想通貨なので、価格も徐々に上昇しており、その日々の変動も大きいのです。

ビットコインが生まれた当初、初めて価格が2010年に出されたのですが、その時は日本円で1BTC=0.07円でした。

スポンサードリンク

それが、2017年の12月には、一時1BTC=200万円を超えた価格にまでなったのです。

単純に計算して、1BTCの価値が2850万倍以上になったことを意味します。

ここまでビットコインの価値が急騰した理由はいろいろあるのですが、その中には富裕層が財産をビットコインに移しはじめているという説もあります。

財産を法定通貨で持っていても、銀行の倒産や国家の経済危機によるハイパーインフレや預金封鎖などで、一瞬にして価値がなくなってしまうこともあります。

危機回避の選択肢として、世界共通価値のビットコインに流れてきているということです。

これらの理由で急騰したビットコインに、ハイリターンを狙った投資家がさらに集まってきているのです。

【仮想通貨投資の超簡単な始め方!!!】

ここまでの話しで、仮想通貨やビットコインに興味が湧いてきた人も多いはず。

実は仮想通貨投資は、私達でも簡単にできるのです。

わかりやすいようにビットコインを例にして説明すると、ビットコインを手に入れるにはいくつかの方法があります。

初心者にとって一番簡単な方法は、仮想通貨取引所で手に入れることです。

仮想通貨取引所は、厳密に言うと取引所と販売所と二つのスタイルがあります。

取引所では、ビットコインを売りたい人と買いたい人が条件を出し合い、成立すれば売買が行われます。

みなさんもよく知っている、株式市場のようなものです。

販売所では、その運営している会社からビットコインを購入します。

取引所と販売所には、各々にメリットとデメリットがあります。

取引所のメリットは、販売所より割安でビットコインを手に入れることができます。

ただしデメリットとして、売りたい人と買いたい人の条件が合わなければ売買が成立しないため、欲しい時に手に入らないこともあるのです。

販売所のメリットは、ビットコインが欲しい時に確実に手に入れることができます。

しかしデメリットとして、ビットコインの購入価格が少々割高になることです。

 

【仮想通貨の取引所との口座開設の仕方】

仮想通貨取引所を利用するには、そこに口座開設を行う必要があります。

ビットコインを扱う取引所や販売所は国内や海外にたくさんありますが、初心者は国内の大手取引所と口座を開設するのが安心です。

国内の仮想通貨取引所は取扱高の大きい順に、「コインチェック」「ビットフライヤー」「ザイフ」などが、よく知られている取引所です。

これらの取引所との口座開設は、取引所の公式ホームページから簡単に登録をすることができます。

個人情報の入力と身分証明書の提出により登録できるので、煩わしいことはありません。

 

【仮想通貨の投資スタイル】

ビットコインの例を見るまでもなく、仮想通貨には投資対象としても大きな可能性があります。

仮想通貨の投資スタイルにも、長期投資と短期投資のスタイルがあります。

長期の投資スタイルは、新しく生まれた仮想通貨がより世界に広まることで、その価値の上昇を目論みます。

短期の投資スタイルでは、日々の価格変動や仮想通貨の独特の動きを熟知する必要があります。

しかし、価格変動がまだまだ激しい仮想通貨ですから、大きく儲ける可能性もあるのです。

また、信用取引というリスクはありますがハイリターンを求める方法もあります。

まずは仮想通貨の知識を身に付け、どちらのスタイルで挑むか判断するのがいいのではないでしょうか。

 

【仮想通貨のまとめ】

話題の仮想通貨は、通貨としての魅力と同時に、投資対象としての可能性も秘めています。

今後は、「ドルに変わる世界の基軸に通貨になる」とまで話す人もいるぐらいですから、その動向から目が離せません。

この機会に、ぜひあなたも仮想通貨投資にチャレンジしてみませんか。

スポンサードリンク
    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    関連記事はありません

    Menu

    HOME

    TOP