日本大学アメフト部 フェニックス”悪質タックル”でメディア報道のシナリオで悪役になる人達。宮川選手は復活できるか?

アメフトを知ってる人なら日大の悪質タックルの卑劣さは動画通りなのだが・・・

団体スポーツであれば相手の・・・特に主力選手やエース級の怪我となれば勝敗を大きく分ける。

当初はSNSで少し炎上するか?程度であったが、いまや平和な世の中なのか???朝から晩まで

日本大学の悪質タックルでニュースは埋め尽くされている。

日本大学VS関西学院大学の試合で起こった悪質タックル。

今の段階で日本大学選手♯91の宮川選手の謝罪会見。

荒れに荒れたその後の内田監督と井上コーチの会見。

最初の時点では♯91の宮川選手があまりにも遅いレイトタックル(※悪質タックル)が注目された。

誰もが予想するとおり”上の命令だろな・・・”と思った。

 

日本大学フェニックスは2017年度大学日本一を収めている。

これはアメフト界では本当に凄い事と話題になった。それまでは

2011年・第66回大会 K/P 大西志宜(関西学院大学)
2012年・第67回大会 QB 畑卓志郎 (関西学院大学)
2013年・第68回大会 DL 池永健  (関西学院大学)
2014年・第69回大会 RB 鷺野聡  (関西学院大学)
2015年・第70回大会 RB 西村七斗 (立命館大)
2016年・第71回大会 LB 山岸明生 (関西学院大学)
2017年・第72回大会  QB 林大希    (日本大

と、2011年からは関西学院大学の連覇が始まっている。一昔前は”赤”か”青”か?と

日大か関学かという時代もあったがここ近年では日本大学は低迷しており、2017年は

関西学院大学が圧倒的勝利の下馬評を覆し、日本大学が優勝を飾った。

その、翌年の定期戦での”悪質タックル”

宮川選手は相当のプレッシャーがかかっていたな。とアメフト経験者は推測ができる。

彼は3年生、これから連覇がかかる日本大学フェニックスでレギュラー位置を定着させたい。

監督、コーチからの信頼を得て連覇をさせたいという日本大学フェニックスの伝統である

”ロイヤリティ”=忠義

これを守ったと推測される。

”悪質タックル”はやはり指示があったのか?

♯91の宮川選手の会見後、内田監督、井上コーチの会見があった。



はっきり言えば宮川選手の意見とは真っ向対立。

しかしながら、井上コーチは内田監督と高校から育ててきた宮川選手との板挟み状態といえるような発言もみうけられた。

相手を潰してこい!

正直言えば、どこの大学でも出てくるようなフレーズである。
※アメフトに限らずチームスポーツ、個人だとしても勝負事であればそれくらいの覚悟で臨むはず。

勝負の世界、エース級や主力選手が怪我で抜けたとあれば勝利は大きく傾く。井上コーチの会見で言っていたことはもしかしたらウソではないかもしれない。

宮川選手に一皮むけてもらうためにハッパをかけたのだと。

井上コーチからすれば⇒ルール内で潰して(怪我をさせて)こい!が本音であり・・・

悪質タックルをしてしまった宮川選手からすれば1プレイにかける思い、プレッシャーから最初の1プレイで何がなんでもやらなければ・・・

この違いからあの”悪質タックル”は生まれてしまったと思う。

メディアというのは怖いもので当初、SNSにアップされた宮川選手のレイトヒットを見た瞬間。

”酷すぎる”

”こんなタックルは今まで見たことがない”

などと、真っ向に悪役に引き立てた。ところがどうだろう・・・

宮川選手の会見あとは悲劇のヒーローばりな扱い。彼の対応は確かに完璧であった。

少しまえにあったTOKIOの山口君のような『居場所があるのなら・・・』

な意見はみじんも観れなかった。

※山口くんの会見があったからこそ、こーゆー流れを代理人の弁護士が作ったのかも?

宮川選手は本当にアメリカンフットボールを辞めてしまうのか?

現状は続けたい思いがあっても・・・

『辞めます。』としか言いようが無かったのかもしれない。

 

更に日本大学の対応が後手後手になり、アメフト部だけでなく日本大学自体の品位がどん底である。

現在所属しているアメフト部は練習すらもままならない状態で、廃部の危機さえある。

宮川選手はジャパンにも選出されるような実力の持ち主なので関西学院大学に編入か?などの噂も。
※関西学院大学は株があがりっぱなしですね。

被害者である関西学院大学のQB奥野選手、日本大学のDL宮川選手。

甲子園の全打席けん制の松井選手ではないが、この先二人がしっかりと話もでき、友情が芽生えることを

願うばかりである。

 

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    関連記事はありません

    Menu

    HOME

    TOP