後厄の怖さ、後厄の方が悪いは本当か?コレを読めば運気がアップ!!!

男性の本厄は25歳、42歳、61歳。
女性の本厄は19歳、33歳、37歳と言われています。

比較的このサイトからの相談が多いのは圧倒的に女性なのですが・・・
本厄よりも後厄を気にしている方が多いのも事実です。
はたして本当に後厄の方が怖いのか???

前厄、本厄、後厄とあるが・・・結局のところ。

厄年と呼ばれるのはこの【本厄】のことを一般的には言います。
本厄の前後1年ずつ、本厄の前は前厄、後の年を後厄と呼び、この3年間は災難に合いやすい時期として厄払いなどで災難を避けています。

実際のところ生きていればいつかは厄年がきます。
じゃ~日本人以外のアメリカ人、中国人、韓国人って本厄、前厄、後厄気にするのかよ??

日本人以外は正直気にしていないでしょうね!

しかしながら、厄払いに行く人は毎年絶えないわけで・・・
実際に厄年で災難にあう人の事を聞く、もしくは自分が体験する。

と、なると厄年の災難は気になってしょうがないですよね!!!!

じゃ、厄年ってなによ?ってことで

厄年を気にしている方実際にはは多く、調査では3人に1人、特に30歳代女性では前厄、本厄、後厄が気になるという方がなんと4割を超えています。
厄年のイメージには、天災、火災、金運・仕事運・恋愛運の低下などさまざまな災難、不幸などがありますが、「大病」 「体調を崩す」 「大怪我」など健康運の低下や病気になるリスクがアップする年齢と調査結果出ています。

厄年を迷信と割り切るのが一番ですが、統計的には生活パターンが変わったり、ホルモンの変化があったりする人が多い年齢だというのが理由。

この時期に前厄、本厄、後厄と平安時代が起源であり、江戸時代に定着したと言われています。



と、言っても厄払いの効果は?

迷信だ~!といって何もしないよりは厄払いをしたほうが効果があるの確かです。それはなぜか????

自己暗示的な要素もありますが、この前厄、本厄、後厄は身体に気を使い神妙な気持ちで過ごすことにより統計的に身体の負担がかかるこの時期に最悪を免れることは十分に期待できます。

本厄の方必見!前厄、後厄も必見!男性42歳、女性33歳。意識を変えるだけで最高のチャンス?!悪い事以上に良い事もある事実!

上記記事にも記載されていますが、この時期をチャンスと捉えるほうが気持ちが楽になります。

それでも本厄、後厄の怖さが気になる・・・

一度気になりだしたら、実際に後厄を超えるまでは気が気ではないっていう方もいるのではないでしょうか??

先ほどの上記記事にも載せてありますが、ある先生に相談してすごく楽になった!!!というが多いです。
※とくに女性。

家庭の事情で悩んでおられたYさん。

まったくもって斡旋しているつもりはありませんが、この記事をみたのも何かの運命?かもしれません。お気軽に相談なさってください!

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    【必見‼】ハーゲンダッツをも超えるアイスをもの凄く値段を抑えて自分で作ってみた!しかもカロリーオフ!
    忘年会の企画の立て方とは?人気の景品とは?幹事さん必見!これで困らない!!!
    驚くべきネギの再生回数と栽培方法について紹介。ネギずきにはたまらい情報!
    本厄の方必見!前厄、後厄も必見!男性42歳、女性33歳。意識を変えるだけで最高のチャンス?!悪い事以上に良い事もある事実!★翻訳
    重曹シャンプーは1日目と??日目が重要!いきなりの重曹で頭皮は危険です!本当の重曹頭皮の洗い方!薄毛には絶対効果あり!
    中古自転車を東京都内にて激安(8000円以下)で購入したい単身、一人暮らしの方にお得マル秘情報&裏技あり!!
    入園式はスーツで出席がいいのか?パパ、お父さん必見!失敗しない服装はコレだ!
    2017年‼郵便料金の値上げ52円 ⇒ 62円 年賀状も値上げ?その対策とは?
    東京~大阪間を4000円で移動!安い穴場の移動方法を公開!
    【2017年】恵方巻きを子どもと一緒に縁起を担ぐ一番いい方法は?え?そうだったの?な食べ方。
    【超簡単】足のニオイも撃退!さらには風邪、インフルエンザも効果あり!●●を切ってから寝るだけ!!
    最強の”蚊”対策!発生しない方法、裏技を教えます!
    眠れないや不眠症の解消に効果的な飲み物の正体は〇〇〇緑茶だった!
    雪道で滑らない歩き方を伝授!雪国出身が教える”雪道の歩き方”
    ウソでしょ?肩こりの予防・改善にはアボカドが良い!!その効果、理由について紹介

    Menu

    HOME

    TOP