インフルエンザ 感染 予防対策 完璧版はコレ!!! 手洗い うがい マスク習慣づけましょう!

毎年秋から冬にかけては、インフルエンザ猛威をふるう流行シーズンです。高熱や関節の痛みなどを伴い、更には人によって重症化する恐れがあります。インフルエンザを防ぐためには、原因となるインフルエンザウイルスを体内に侵入させないことや周囲にまき散らさない事が重要です。インフルエンザの感染を広げないために、一人一人が「かからない」「うつさない」対策を意識、実践しましょう。

f_01

スポンサードリンク

インフルエンザの感染を防ぐ習慣

インフルエンザは、鼻や喉の粘膜から感染します。そのため、予防の基本はウイルスを体内へ入れないこと。正しい生活習慣で予防をし、カラダの免疫力を高めておくことも重要です。次にご紹介する予防対策は、どれも日頃から実践できるものばかりです。ぜひ参考にしてください。

 

インフルエンザ対策① 丁寧な手洗い

私達は毎日、毎日、様々なものに触れていますが、それらに触れることにより、自分の手にもインフルエンザウイルスが付着している可能性はあります。
ウイルスの体内侵入を防ぐため以下のことを心がけましょう
f_03

 

インフルエンザ対策② 常にマスク着用

一昔まえならマスクをしていると、『あれ?どうしました?』のような視線で見られる事もありましたが、今は1年中している人がいるほど”マスク”は予防対策アイテムとなりました。
f_04

スポンサードリンク

 

インフルエンザ対策③ こまめなうがいを

うがいをすると、のどの潤いが保たれ、ウイルスに対する抵抗力が高まり、菌が繁殖する環境を抑えます。人混みにいた後、外出をした後、マスクを外した後、食事の前・・・手洗いと一緒に行うようにしましょう。

うがいは、口の中をすすぐ「ブクブクうがいと」、のどの奥をすすぐ「ガラガラうがい」を数回やるとより効果的です。
images

 

インフルエンザ予防④ じゅうぶんな睡眠をとる

睡眠不足でカラダの疲労が溜まってくると免疫力の低下につながります。十分な睡眠では副交感神経が働き、免疫細胞を活発にしてくれます。夜は早めに就寝し、いつもより暖かくして睡眠時間を十分にとりましょう。

健康的な睡眠をとるためには、寝る3時間前の飲食を控えたり、寝る前に軽くストレッチして体をほぐすとよりよいとされています。
imgres

最後に・・・

やはりインフルエンザ対策をしていてもかかってしまう事は十分に考えられます。更に予防接種も予定にいれて完璧な対策をこころがけましょう!

 

本当に外せない予定もこれからはあるのでは???

こちらも合わせて読んでみてください!
インフルエンザ ワクチン 2015/2016 予防接種は予約が一番効果的!?

スポンサードリンク

    おすすめ記事

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    noimage
    重曹シャンプーは1日目と●日目が重要!いきなりの重曹で頭皮は危険です!本当の重曹頭皮の洗い方!
    大阪マラソン2017 日程・場所・コース・混雑・応援にオススメ駐車場情報はココ!東京マラソンへの完走タイムヒントあり!
    心筋梗塞の正しい予防策を知れば死亡率がぐんと下がる可能性大!
    癌治療における仕事と両立、6割超が「困難」の意見=がん治療めぐる内閣府調査
    花粉症対策で薬や抗生物質もなかなか効かなかった人にオススメの●●が超効く!!
    花粉症で鼻の下がカサカサで痛い時は・・・オススメのティッシュはコレ!
    『重曹』が最強!虫歯インフルエンザ痛風からガン、ワキガも脇の黒ずみ肝臓腎臓病まで治すんです!薄毛だって改善しちゃいます!
    お酒の二日酔い、悪酔い対処方法!おすすめのサプリ、悪酔い防止の食べ物は?
    インフルエンザに感染してしまった?自己対処方法!自分ですぐに治す方法!
    子どもの夜更かしに手を焼いている親必見!確実に寝かせる方法、対策教えます!
    インフルエンザ ワクチン 2016/2017 予防接種は予約が一番効果的!?
    【超簡単】足のニオイも撃退!さらには風邪、インフルエンザも効果あり!●●を切ってから寝るだけ!!
    注目‼チアシードの効能と効果的な食べ方、栄養成分やカロリー、適量など副作用はありますか?
    貧血?いえ、低血糖かも!突然の冷や汗、めまい、眠気、吐き気は注意!⇒低血糖対象法は?

    Menu

    HOME

    TOP