超大型 台風23号の進路と対策、注意点!北海道 接近の恐れあり!

「大型」の台風23号(チョーイワン:Choi-wan)は、日本の東を北上する見込みです。東京からは約1800km離れた南鳥島では、既に丸2日以上、強風が吹き続いています。また、今後は、日本列島の広範囲で風が強まる恐れがあります。台風23号「大型の台風」ゆえの注意点をまとめました。

taihuu23

スポンサードリンク

台風の「大きさ」の基準とは?

気象庁は、台風の大きさを「強風域」(風速15m/s以上の強い風が吹いているか、地形の影響がない場合に吹く可能性のある範囲)の半径で表しています。

「強風域」の半径が、500km以上800km未満・・・「大型」

800km以上・・・「超大型」

今回は超大型になる恐れがあります。

10月6日午後6時現在、台風23号の強風域の半径は、北に850km 南に650km。

半径が非対称の場合は、その平均値をとりますので、750km。「超大型」寸前の、かなり大型の台風なのです。

その大きさは衛星画像からもわかります。9月に上陸した、同じような日本の東を北上した台風17号と、今回の23号を比べてみました。(※上の図) 台風のまわりを取り巻く雨雲の大きさが違うことが、明らかです。

 

注意点その1 強風の吹く時間が長引く

【超大型の台風】=【強風域が広い】ゆえに、注意すべき点があります。それは、「強風の吹く時間が長引く」こと。

南鳥島では、10月4日、日曜の午後1時ごろ強風域に入り、その後、丸2日以上にわたり、15m/s以上の強風が続いています。

1991年までさかのぼって調べたところ、2006年10月の台風も丸2日以上強風が続いたことがあったのですが、このときは2つの台風があわさり影響を受けています。

スポンサードリンク

今回の台風23号が単独の台風でこれだけ長時間強風が吹くのは、めったにないことです。

taihuu23-2

 

注意点その2 強風の吹く範囲が広い

更に今回の台風23号で注意すべきことは、「強風の吹く範囲が広い」ということ。

10月7日水曜日は、関東から北海道の太平洋側を中心に、広い範囲で風が強まるでしょう。

東京都千葉県境、千葉県や茨城県など、関東地方の沿岸部では、10月7日夕方以降は「非常に強い風」が吹く見込み。海はうねりを伴い、大しけとなるでしょう。

沿岸部を走る鉄道や空の便などに、影響が出る恐れは十分にあります。出かける前には天気予報、台風予報を確認することをオススメします。

また、東北地方や北海道でも「風に向かって歩く事が出来ず、転倒する人も出るような、強い風」が吹きそうです。

なお、東北地方や北海道では8日以降は、台風は更に風が強まり、大荒れの天気になる恐れが十分にあります。

風が強まる前に、早めの対策を心がけてください。

 

台風の事前対策として

大前提としては、台風対策は大雨や強風になる前に行いましょう!

窓ガラス(サッシにガムテープ、防水テープ)に関する台風対策以外にも、停電時の対策として懐中電灯や携帯ラジオ、非常食などの非常用品の確保、断水時の対策としてはコンビニやスーパーなどで飲料水と生活用水(浴槽に水を貯める)を早めに調達して・・・確保も忘れないでくださいね!

これらの台風対策をしても、被害に遭ってしまった場合は、家財保険や住宅総合保険など保険証券を確認し、保険が適用される場合は申請してください。保険も台風になる前に確認はしておいた方がいいでしょう!

スポンサードリンク
    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    関連記事はありません

    Menu

    HOME

    TOP