大谷翔平選手移籍金1015億円!いったいいくら税金を払うのか?年俸推移がやばい!

大谷翔平選手がロサンゼルス・ドジャースとの巨額契約については、スポーツ界でも非常に注目される話題ですね。特に、契約金額が大きいため、税金の話題も興味深いです。ここで、大谷選手の契約に関連して米国の税制について詳しく見ていきましょう。

米国の税制と大谷選手の契約

  1. 連邦政府への税金 (37%)

    • 米国の連邦税は進行税率制です。収入が高いほど税率も高くなります。大谷選手のような高収入者は、最高税率の層に分類されるため、37%の税率が適用されます。
  2. カリフォルニア州の州税 (13.3%)

    • カリフォルニア州は米国内で最も高い州税率を持っています。これは、州によって異なる州税の中で最も高い部類に入ります。
  3. メディケア税 (2.35%)

    • これは米国の公共医療保険制度への貢献であり、すべての給与所得者が支払います。通常、所得の一定割合が徴収されます。
  4. 州の傷害保険 (1.1%)

    • カリフォルニア州では、労働者が職場で負傷した場合の保険として、この税金が徴収されます。

税金による影響

  • 合計税率: これらを合計すると、大谷選手の税率は約53.75%になります。
  • 年俸に対する税金: 年俸7000万ドルで計算すると、約3763万ドルが税金として支払われることになります。これは日本円に換算すると約55億円です

大谷翔平選手の年俸推移

大谷翔平選手の年俸推移について詳細に見ていきましょう。彼は日本の北海道日本ハムファイターズでのプロキャリアを経て、アメリカ大リーグベースボール(MLB)のロサンゼルス・エンゼルスで活躍しています。大谷選手の年俸は、彼の卓越したパフォーマンスと、野球界での彼の価値を反映しています。



北海道日本ハムファイターズ時代

  1. 2013年(19歳):1,500万円
    プロ入り初年度で、期待の若手選手としてこの年俸は一般的です。
  2. 2014年(20歳):3,000万円
    2年目で成績が向上し、それに伴い年俸も倍増しました。
  3. 2015年(21歳):1億円
    成績が飛躍的に向上し、日本のプロ野球では珍しい若手の高額年俸となりました。
  4. 2016年(22歳):2億円
    連続しての好成績で、さらに年俸が上昇。
  5. 2017年(23歳):2億7,000万円
    日本ハムでの最後のシーズンで、これは日本プロ野球界でのトップクラスの年俸です。

ロサンゼルス・エンゼルス時代

  1. 2018年(24歳):約6,000万円
    MLB入り初年度。新人契約のため、MLBの平均年俸と比べると控えめですが、これは新人選手に一般的な額です。
  2. 2019年(25歳):約7,200万円
    徐々に実績を積み、年俸が上昇。
  3. 2020年(26歳):約7,700万円
    継続しての成績向上が年俸に反映されています。
  4. 2021年(27歳):約3億3,000万円
    MLBでの突出した成績が評価され、大幅な年俸アップ。これはMLBでの彼の価値を示しています。
  5. 2022年(28歳):約6億1,000万円
    MLBでの史上稀に見る二刀流の成功と、その影響力が高額年俸につながっています。

大谷翔平選手の年俸推移は、彼が日本国内外でどれだけ注目され、評価されているかを示す良い指標です。特にMLBへの移籍後は、その成績と影響力の大きさが年俸に顕著に反映されています。彼のキャリアは、野球界における成功と価値の象徴と言えるでしょう。

 

メジャーリーグ移籍の際の条件と影響

  • 年齢とプロ経歴の条件: 大谷選手がメジャーリーグに挑戦した際、彼はまだ23歳でプロ経歴も5年しかなかったため、メジャー契約を結ぶための条件(25歳以上かつプロ経歴6年以上)を満たしていませんでした。
  • マイナー契約の結果: これにより彼はマイナー契約しか結べず、最低年俸でのスタートとなりました。これはメジャーリーグのルールに基づくもので、外国からの若手選手が直面する一般的な状況です。

大谷選手の決断とその結果

  • 早期の挑戦: 年俸の低さにもかかわらず、大谷選手は自身のキャリアとスキルの向上にメジャーリーグ挑戦が不可欠だと判断しました。これは、彼の将来的な目標達成に向けた戦略的な決断でした。
  • メジャーリーグでの実績: 渡米後、新人王受賞、年俸調停権の獲得、リーグMVP受賞など、彼の実力と影響力はメジャーリーグで着実に認識されるようになりました。
  • 年俸の上昇: これらの実績は年俸の大幅な上昇につながり、日本時代を遥かに超える水準に達しました。

    Warning: Use of undefined constant right - assumed 'right' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/m-takao461/shirokane-news24.tokyo/public_html/wp-content/themes/principle/sns.php on line 14
    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP