赤羽のおすすめせんべろスポットを5つ紹介

 

赤羽と言えば東京屈指のオフィス街で、また飲み屋街でもあります。

そんな赤羽だったら千円でべろべろに酔うことができる「せんべろスポット」も数多く存在しているはず。

そこで今回は赤羽のおすすめせんべろスポットを5つ紹介します。ぜひ赤羽で飲むという時には参考にしていただけると幸いです。

 

 やきとん大王 赤羽店

まず最初に紹介したいのがここ「やきとん大王」です。

ここは、赤羽のせんべろスポットの代表と言うべきお店となっています。

店内には赤ちょうちんが沢山ぶら下がっており、まさしく「大衆居酒屋」とはこのようなものだろうと思わせる雰囲気です。下町の雰囲気を感じられるここに入ってしまえば、どんどんお酒が飲みたくなるでしょう。

もちろん料理もお酒も財布にやさしい価格設定。リーズナブルなだけではなく、メニューも全部上質なものばかりです。名前にあるようにおすすめは「やきとん」。ハイボールなども合わせていただけば日頃の疲れなど一瞬で吹き飛んでしまうでしょう。

ちなみにハイボールは280円、一品料理も380円からと大変お安くなっています。

ぜひ赤羽で飲む際は一度訪れてほしいスポットと言えるでしょう。

やきとん大王 赤羽店
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13173601/dtlphotolst/4/smp2/

東京都北区赤羽1-23-6 三晃ビル

赤羽 トロ函

次におすすめしたいのがここ「トロ函」です。

赤羽のせんべろスポットと言えばここも外すことはできません。知る人ぞ知るおすすめスポットとなっています。

ここのおすすめポイントは、新鮮な浜焼きです。この浜焼きは海鮮好きにはたまらない逸品となっており、リピーターが多いのもうなずけます。もちろん価格は酒・料理ともお手軽価格で提供されており、飲み歩きがしたい人や、一件目のお店として利用したい方などには特におすすめしたいスポットとなっています。

赤羽 トロ函
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13041447/

東京都北区赤羽1-17-7



佐藤商店

一番街入ってすぐに脇道へ入ったところにある「佐藤商店」を紹介します。

ここは博多料理を中心に扱っているせんべろ居酒屋で、料理が最高にいい味をだしています。生つくねやなべ物が特に人気で、その味を求めて多くのリピーターが来店します。ホッピーや熱燗などオーソドックスなものから、果実酒やカクテルなどもあるのでお酒を楽しむ店としてもおすすめできます。

内観・外観共におしゃれな雰囲気があるのでデートスポットとして利用することもできますよ。

佐藤商店
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13094539/

東京都北区赤羽1-12-1

おでんと旬菜魚 中々

おでんと旬菜魚 中々を紹介します。

店名にもあるようにここのおすすめはおでんです。その品ぞろえは多種多様で、もちろん味も良いです。何時間もだしをしみこませた最高のおでんを食べられるのもここの魅力でしょう。大根と煮卵を熱燗と一緒にいただけば最高の夜を過ごすことが出来るのではないでしょうか。

カウンターに並べられた日本酒のラインナップを見ていると、つい色々試したくなってしまいますが、もちろんそこはせんべろスポット。安くおいしくいただくことができます。何度も足を運ぶ人が多いので、リピーターになること必至でしょう。

おでんと旬菜魚 中々
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13094460/

東京都北区赤羽1-41-1 中村ビル 1F

大衆肉酒場 ちょうちん屋

最後におすすめしたいせんべろスポットはここ大衆肉酒場「ちょうちん屋」です。

せんべろスタートで最初はちょっと料理を楽しみたい。。という方には特におすすめしたいスポットと言えるでしょう。

ここはお肉メニューを中心で楽しむことができ、特に「スジ焼(380円)」や「だし巻きたまご(480円)」などがおすすめメニューとなっています。肉屋特製ハンバーグに関してはちょうちん屋特製の味で、リピートする人が後を絶たない人気ぶりとなっています。

もちろんお酒も料理も財布にやさしい値段設定で、かつ、値段に負けないクオリティで楽しむことができます。

せんべろスタートはまずここちょうちん屋で、ビールで乾杯しながら肉料理を楽しむ。とてもおすすめしたいです。

大衆肉酒場 ちょうちん屋
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13196487/

東京都北区赤羽1-23-3

 

    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    Menu

    HOME

    TOP