子供に多い咽頭結膜熱と溶連菌感染症、過去最多の患者数を記録 – 29都道府県で警報レベル超えの緊急情報

最近、子どもたちがかかりやすい2つの感染症、「咽頭結膜熱」と「溶連菌感染症」の患者数が過去最多を記録し、保護者や医療関係者の間で懸念が高まっています。これらの感染症は、特に小児に多く見られ、高熱やのどの痛みなどの症状を引き起こすことで知られています。

咽頭結膜熱:子どもたちに多い感染症

まず、「咽頭結膜熱」とは何かについて理解を深めましょう。この感染症は、アデノウイルスによって引き起こされるもので、主に子どもたちに見られます。症状としては、高熱、のどの痛み、結膜炎(目の赤み)が挙げられます。国立感染症研究所の報告によると、全国の約3000の小児科医療機関で、最近の1週間に報告された患者数は4週連続で増加し、合計1万1702人に達しました。これは、1医療機関あたり平均3.72人という、1999年に患者数の集計が始まって以来の最多記録です。

地域別の患者数:警報レベルを超える地域も

地域別に見ると、福井県が1医療機関あたり8.72人と最も多く、北海道(8.05人)、佐賀県(6.87人)と続きます。全国の29都道府県で、警報レベルとされる「3.0人」を超える状況となっています。



溶連菌感染症:続く子どもたちの健康への影響

もう一つの懸念される感染症が「溶連菌感染症」です。この病気もまた、子どもたちに多く見られ、発熱やのどの痛みなどを引き起こします。特に、A群溶血性レンサ球菌による咽頭炎が問題となっています。こちらについても、最近の1週間の報告数は1万3103人に上り、1医療機関あたりの患者数は平均4.17人となり、こちらも過去最多を更新しています。

予防と対策:子どもたちの健康を守るために

これらの数字は、子どもたちの健康に対する重要な警告信号と捉えることができます。保護者や教育関係者、さらには地域コミュニティ全体が、感染症の予防と対策に注意を払う必要があります。手洗いや咳エチケットの徹底、症状が見られた場合の早期の医療機関受診など、基本的な感染防止策の実践が重要です。また、これらの感染症が流行するシーズンには、特に注意が必要になるでしょう。

保護者の方々は、子どもたちの健康管理にさらに注意を払い、症状が現れた際には迅速に対応することが求められます。一方で、地域や学校においても、感染症の予防策を積極的に取り入れ、子どもたちの健康を守る取り組みを強化することが重要です。これらの感染症の流行に対する意識を高め、適切な予防と対応策を講じることが、子どもたちの健康を守る上で不可欠です。

 


    Warning: Use of undefined constant right - assumed 'right' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/m-takao461/shirokane-news24.tokyo/public_html/wp-content/themes/principle/sns.php on line 14
    • Pocket
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す




    関連記事

    心筋梗塞の正しい予防策を知れば死亡率がぐんと下がる可能性大!
    重曹シャンプーは1日目と??日目が重要!いきなりの重曹で頭皮は危険です!本当の重曹頭皮の洗い方!薄毛には絶対効果あり!
    重曹が最強活用術! 薄毛抜毛も改善、虫歯、コロナウィルスや痛風からガン、ワキガも脇の黒ずみ肝臓腎臓病まで回復!!
    シミ・シワの予防改善はシナモンが効果抜群!年齢が8歳も若返る!!
    男性必見!脱毛のメリットとデメリット完全ガイド:女性スタッフの意見とVIO脱毛の恥ずかしさについて
    インフルエンザ 感染 予防対策 完璧版はコレ!!! 手洗い うがい マスク習慣づけましょう!
    ディズニーで小さな子供の着替え場所やトイレはどこ?もぉ迷いませんよ!!
    赤ちゃんの日焼け対策はこれでバッチリ!
    インフルエンザに感染してしまった?自己対処方法!自分ですぐに治す方法!
    花粉症対策で薬や抗生物質もなかなか効かなかった人にオススメの●●が超効く!!
    子どもの夜更かしに手を焼いている親必見!確実に寝かせる方法、対策教えます!
    扁桃腺炎ってうつる(感染)するの??その予防とは?対処方や効果ある食べ物はコレ!
    赤ちゃんの便秘の原因はこれ!対策バッチリで全部出し切ります!
    1秒でも早く笑顔がみたい!乳幼児の鼻水問題を一瞬で解決!
    チアシードの効能と効果的な食べ方、栄養成分やカロリー、適量など副作用はありますか?

    Menu

    HOME

    TOP